2018年06月03日

バリアトロン復刻のウワサ

バリアトロンが復刻予定!?うおおお!
何?そこのあなたバリアトロンをご存じない?


ミニ四駆の第二次ブーム(というらしい)に発売されたキットで、「未来レーサーブイツイン」という漫画の主役マシンです。作者は爆外伝の漫画も描いていた三鷹さんで、1999年頃「小学二年生」で連載しており、リアルタイムで読んでいて大好きでした。いかん歳がばれる。
200X年(もう過ぎてる!)の近未来、ミニ四駆にカーブやブレーキなどの指示を送れるようになった時代に、主人公のブイ(天道武一)が偶然借りパクもとい手に入れたミニ四駆は、AIを搭載し意志を持つ試作ミニ四駆だった!と始まるこの漫画、さすがに今読み返すと低学年向けのためか情報量が少ないですが、夢に溢れてワクワクが止まりません。
ブレインコアに搭載されているカメラにゴーグルからアクセスできたり、腕時計型デバイスでミニ四駆に指示を出せたり、こういう近未来的ギミックに憧れました。200X年だけど。近過去だよ!

a001.png

主人公のパートナー、意志を持つAIミニ四駆として描かれるのがこの「バリアトロン」です。キュイキュイとブイに懐く様はじつにうらやましいぞこの野郎。キットではコアの部分にLEDを搭載できるようになっています。猛烈に欲しかったですが僕も持っていませんでした。だって周囲がみんなミニ四駆から離れてた頃だったんだもん。愛機はシャドウブレイカーだったし。
ライバルキャラのレオン(風間零音)のマシン、「シンクロマスターZ9」も続いてくれると信じています。出たら勢いで買うよ!おっさんの経済力ですもの!


ちなみにブイとレオンを含む、レーサーとAI搭載ミニ四駆が一体となるVT計画の全貌は結局描かれず終わるのですが、おっさんが読み返すと謎ばかりです。企業というのは利益が無いと投資しないはずなのに、少年たちに惜しげもなく注がれる最新テクノロジーたち。開発者のクボタ博士、こいつ絶対黒幕だろ。ブイはコアと通じ合って、レオンなんて脳波でシンクロしてるし、次の段階は少年を組み込んだ生体兵器の開発だろそうにきまってる沈まれ俺のシリアス脳!ヤツはスポンサーだ!

・・・ふう。熱く語ってしまいましたが漫画のほう、電子書籍でだしてくれませんかね。
posted by たあし at 23:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月25日

はじめてのLightwaveプラグイン開発

Lightwave2018が出ましたね。
中古で買ったまま眠らせていたLWをアップグレードしたので、しばらくLWをメインで使っていこうと思います。LWBrushに惚れた。
・・・そのはずだったのですが、ここ2週間ほどドリームキャストの自作ゲーム用のファイル出力の為のプラグイン開発に苦戦していました。やっと終わったー!うおおおお!

以下LWのプラグイン作成して気づいた事など。

・最近はPythonがナウいらしいのですが、Pythonはわからないので今回は無視。
・SDKのドキュメントの翻訳が9.3で止まっていますが、ほぼ変わってないです。ラッキー。
・SDKがC++じゃなくて純粋C。クラスが関数ポインタ等で実装。ナウくない(?)。
・ライブラリのバイナリは無いので、SDK使う時はSDK本体のビルドが必要。

最新ツールだからC++とかC#とかだと思っていましたが、CのみのSDKでした。ビックリです。
個人的にC好きなのと、今回でコールバック関数について理解できたので良かったのですが、今後を考えるならやっぱりPython覚えなきゃならないかなあと思ったり。

うん。これからよろしくLW。
posted by たあし at 23:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月16日

AniLaPaintを使ってみた

最近製品版が出たアニメ彩色用ソフト「AniLaPaint1.5」を買ってみたので、使い方とか使用感とかをちょっと書いてみました。プログラミングはどうした。

AniLaPaintとは彩色用ソフトです。つまり色塗りですね。
作画機能はないのですが、効率的に多くの画像のアニメ塗りができる仕様になっているようです。
テストのために椎名先生の漫画「一番湯のカナタ」がアニメ化したときの為のセイリュート抜刀シーンのバンク用アニメを描いてみました。え?そんなものはない?そうですか。
anilatest1.png
SAIで作画。どうせ動画も自分で描くので雑でもいいのです。そうなのです。
anilatest2.png
別レイヤーに黒で動画を描きます。ようは清書ですね。中割りもしてアニメにします。
ハイライトを赤、影を青で描きます。少しぐらい雑でも一瞬だからいいのです。そうなのです。
anilatest4.png
AniLaPaintにインポートして彩色。インポートする際に主線と色トレスに分けてくれます。インポート作業がちょっとややこしく感じますが、画像ファイルの追加読み込みや主線のみの差分読み込みなどにも対応しており便利です。

塗り終わったら「ビルド」機能を使います。これで色トレス線と塗り残し穴を埋めてくれます。便利です。
インポートの時に主線をグレー階調にしておくと、彩色中は2値で扱われますがアンチエイリアスのかかったままの主線を合成してくれます。超便利です。
ビルド機能に特定色のグラデやぼかしをかける機能もあります。AE持ってない人にはうれしい機能ですね。
anilatest6.png
設定によりますがデフォルトではトレス線はグラデで塗りつぶしてくれるようです。
柔らかくボケてよりセルっぽい!最高!(ステマ)
anilatest5.png
ただ、塗り残し埋め機能は、こういった主線に挟まれた部分は苦手のようですね。
PaintManの「閉領域フィル」が欲しくなります。

撮影機能はないので、AniLaPaintはここまでです。
AEとかで撮影して画像を繋げる必要があります。今回はAnimeStudioの体験版で撮影しましたが、合成セルを動画として出力する機能が欲しいところです。あるのかな?

test.gif
「セイリュート!」抜刀まで行かず力尽きました。GIFアニメです。
カナタの声は金朋さんのイメージなのですが、どうでしょうかセンセイ。

使ってみた感想ですが、とても便利です。
特に色トレスの処理が最高です。個人的に。大切なことなので二度言いました。
「含み塗り」の順番を気にせずにガンガン塗れます。
アンチエイリアスのかかったまま主線を処理できるのもいいですね。
惜しいと思うのは塗り残しの精度と、PaintManにある「ライトテーブルを境界線として使用」のような、別セルの主線を塗りつぶしの境界線に使う機能が欲しいというところでした。うん。
あとはタイムシート機能に普通の「再生」があればベストですね。

クリスタが使いにくいと感じる方、RETASを持っていない方にはとてもいいソフトだと思います。
購入の参考にして下さい。流行れ!


さてプログラミングしよう。
posted by たあし at 23:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする