2018年03月25日

はじめてのLightwaveプラグイン開発

Lightwave2018が出ましたね。
中古で買ったまま眠らせていたLWをアップグレードしたので、しばらくLWをメインで使っていこうと思います。LWBrushに惚れた。
・・・そのはずだったのですが、ここ2週間ほどドリームキャストの自作ゲーム用のファイル出力の為のプラグイン開発に苦戦していました。やっと終わったー!うおおおお!

以下LWのプラグイン作成して気づいた事など。

・最近はPythonがナウいらしいのですが、Pythonはわからないので今回は無視。
・SDKのドキュメントの翻訳が9.3で止まっていますが、ほぼ変わってないです。ラッキー。
・SDKがC++じゃなくて純粋C。クラスが関数ポインタ等で実装。ナウくない(?)。
・ライブラリのバイナリは無いので、SDK使う時はSDK本体のビルドが必要。

最新ツールだからC++とかC#とかだと思っていましたが、CのみのSDKでした。ビックリです。
個人的にC好きなのと、今回でコールバック関数について理解できたので良かったのですが、今後を考えるならやっぱりPython覚えなきゃならないかなあと思ったり。

うん。これからよろしくLW。
posted by たあし at 23:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: