2016年06月15日

MPEG1挫折一歩前

ドリームキャスト用MPEG1デコーダを作りたい話。
なんでMPEG1なのかというと、MPEG2とかMPEG4とかは複雑そうなのとライセンスが面倒くさそうだからです。ていうか先にゲーム作れ。

MPEG1のデータ構造としては、
1.4バイトのヘッダ開始コード
2.開始コードに対応した数バイトのヘッダ
3.ヘッダに対応するデータ
ざっと見たところこの三つがファイル終端まで繰り返されているようです。
つまり開始コードを識別する処理と、開始コードごとの分岐処理を作り、それをファイル終端まで繰り返せばいいということだと思います。

あとは分岐処理の中にデコード処理を含めていけばいいというわけなのですが、もうわけからーん!たぶんこの辺で投げます。
posted by たあし at 14:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: