2016年06月29日

MPEG1デコーダー挫折

MPEG1デコーダーを作りたい話の続きです。挫折しました。

前回書いたようにMPEG1のファイルはスタートコードとデータの繰り返しになっています。
映像部分はスタートコード以下に階層構造になっており、
 スライス・・・「マクロブロック」が並んでいる。
  ↓マクロブロック・・・16*16のサイズで、輝度4ブロック、色差2ブロックの計6「ブロック」の塊。
   ↓ブロック・・・8*8のDCT変換されたのデータ。
という感じのようです。なので、デコードの手順は、
   ↓ブロック・・・8*8の単位で逆DCT変換。
  ↓マクロブロック・・・輝度と色差をRGBに変換。16*16に拡張。
 スライス・・・画面上のマクロブロックの位置を決めて並べていく。
たぶんこうだと思うのですが・・・他にも映像の画の種類として普通の画のIフレーム、前か後から予測して作るPフレームBフレームなどあったりするのですがもう無理です。Iフレームのブロックのデコードからわかんないです。誰かツッコミお願いします。

とりあえずゲームのほうを先にメドつけようと思います。ああMPEG1の挫折で6月が終わってゆく・・・
posted by たあし at 22:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする