2016年03月31日

脱線した話

参考:
マリオのジャンプ実装法とVerlet積分

アクションゲームのジャンプ実装法についてかなり有名な記事だと思うんですが(検索するとよく出てくるし)、今まで理解できていなかったのでスルーしてました。
久しぶりに見てみると分かる気がしたので、実装してみることに。いきなり全部書き換えるのはリスクが高いのでとりあえず、以前途中まで作ってスキル不足で放置していたサターンBASICのゲームに実装してみました。
satabe01.png
なんとか実装でき、非常に軽い!コード量が2/3になりました。二体動かしてもぬるぬる動く!
ついでに以前作れなかったプレイヤー2の処理を作ったりして、ちゃんとしたマップを作りたいけどツールがないのでTiledMapEditorのファイルをサターンBASICのキャラクタコードに変換するツールを作らねば・・・

とここで目が覚めました。いかん顔グラ描いている場合ではない。ドリキャスのほうに実装するか考えねば。
posted by たあし at 18:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする